? 産後ダイエットの注意点|産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法   

産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法

産後ダイエットの注意点

産後ダイエットで一番気をつけなければいけないのは、他のなんでもなく「健康」です。
そしてこの健康というのは、もちろん赤ちゃんの健康も含みます。
最近の風潮で、ヤセてキレイなママになりたいと焦るばかりに無理な産後ダイエットをする人が増えてきていると言います。
しかも母乳を待っている赤ちゃんがいる授乳期にすら、自分の体型を気にして食事制限する人もいるとか。
一番大切なのはなんですか?もちろん「幸せ」ですよね?
自分も幸せ、赤ちゃんも幸せ、旦那様も幸せ、それがあっての産後ダイエットだということだけは、絶対に忘れないでくださいね。

高たんぱく低カロリー

バランスが取れた食事であれば、普通に生活して必要な運動をしていれば体重はどんどん落ちていきます。
落ちないのであれば、どれかの要素が欠けているか、骨盤がきちんと閉じていないかが原因です。
組み合わせの悪い食事をしていたり、食事の回数を減らしたりしても、痩せないばかりか基礎代謝がどんどん落ちて、脂肪を溜め込む一方の肉体になってしまいます。
必要なのは高たんぱくの食材、そしてトータルのカロリー管理です。
授乳中には1日2,500キロカロリー摂ってください。
その後は1日1,800キロカロリーが目安です。
ここを守れば、痩せないなどということはないはずです。

妊娠前より痩せるのは違う話

産後ダイエットだと言って、目指しているのが妊娠前の体重よりも少ない体重だったり、細い体型だったりするのはおかしな話です。
産後ダイエットというのは、妊娠中に太ってしまった分を妊娠前の状態に戻すという内容ですから、それよりも痩せたいと思うのは産後ダイエットではありません。
どうせダイエットするなら学生時代まで戻したいと思うのは良いですが、ひとまずは産後ダイエットをしっかり成功させること。
その後で、あらためて理想の体型を健康的に求めてください。
なんでもまとめて一気にやろうとしても無理ですし、もし妊娠前が病的に細いガリガリだった人なら、そこへ戻らなくてもそれが正解ですよ。

ページトップへ