? 産後ダイエットの基礎|産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法   

産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法

産後ダイエットの基礎

出産後の慌ただしさが落ち着いた頃に気になり出すのが、自分の体型です。
赤ちゃんが出てきたのだから、その分ストンと体重も落ちてくれるはず・・・と思うのですが、それがなかなかそうもいかないという事実。
授乳中には食事的にもそんなに無理は出来ませんし、バランス良く食べなければいけないのですが、「このままの生活を続けていたら、一生このままの体型で落ち着いてしまうのでは・・・」と不安になってきますよね。
そんな産後ダイエットについては、正しい知識が不可欠。
まずは産後ダイエットの基本から勉強していきましょう。

産後ダイエットとは

妊娠中に太ってしまった体型を、元の体型・体重に戻すためのプログラムが産後ダイエットです。
詳しくは、食事の栄養バランスの見直しや身体を動かすエクササイズなどによってシェイプアップすることで、増えた分を正常値に戻すことが目的となります。

妊娠中は太っても良い

女性は妊娠期間中に10kgくらいの体重の増加があるのは理想的だと言われています。
その理由は、赤ちゃんを守るためでもあり、赤ちゃんの健康状態を保つためでもあり、出産する時のパワーを蓄えるためでもあります。
10年くらい前だったか、一時期妊娠中の体重の増え過ぎばかりが問題視され、体重増加は7kg以下にするよう指導された時期もありましたが、「日本ほど栄養不足の妊婦はいない」と諸外国に指摘されるような栄養不足状態を招き、生まれた子どもが健康を害していたり、成人病になりやすいなどの問題を多く引き起こしました。
妊娠中の体重増加は、10kgくらいならまったく問題ありません。
とても正常な状態ですし、妊娠中の食事制限やダイエットなどは絶対に避けるべきなのです。

体重と体型は半年以内に取り戻そう

妊娠中に必要な10kgも、無事に生まれて来てくれれば早速無くなって欲しいものではありますね。
産後ダイエットに良い時期は産後6ヶ月間と言われていて、効率的に戻すにはこの時期を置いて他にはありません。
妊娠中に身体に付く脂肪は、流動性を持つ脂肪のために燃焼させやすい状態にあります。
でも時間が経ってもそのままだと、変質して固定化した脂肪に変わってしまうのです。
落としやすい状態のうちに落としてしまえば、産後ダイエットは比較的楽に成功出来るダイエット法です。

ページトップへ