? 産後ダイエットのコツ|産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法   

産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法

産後ダイエットのコツ

産後ダイエットを成功させるためのコツは、かなりシンプルです。
実は妊娠中に付く脂肪はとても取れやすい脂肪なので、通常で考えればとても痩せやすいダイエットなのです。
理論的に考えればそんなに痩せにくいはずはないのに、どうして産後体型から逃れられない人がたくさんいるのでしょうか。
そこにはやはり精神的なポイントもあるのです。

1日の食事量を守る

産後ダイエットだと言って、一気に食事量を減らしてしまうと大変なリバウンドになる可能性が高いですし、授乳中には絶対に行ってはいけないことです。
授乳中は1日2,500キロカロリーが基本ですから、そこは守ってください。
産後ダイエットというものは、妊娠前に行っていた普通のダイエットとはまったく違います。
1日の食事量は多すぎてもいけませんが少なすぎてもいけません。
バランスを崩すと、ただでさえ脂肪を溜め込みやすくなっている身体に、不必要な蓄えをさせてしまうことになります。
自分の身体は普通ではないのだということをまず認識しましょう。

塩分を控える

妊娠中は味付けの濃い食事を求めるようになる人も多く、それが産後も続いてしまう人がいます。
塩分は炭水化物の摂り過ぎにもつながりますし、他の病気の原因にもなります。
パンチが欲しいならお酢をうまく使うようにして、塩分は極力減らすようにしてください。

ゆっくりしっかり噛んで食べる

基本中の基本ですが、赤ちゃんのお世話をしていて忙しく、時間の無い中で一気にドカ食いするという最悪の食生活をついつい続けてしまうお母さんもいます。
これでは産後ダイエットどころの話ではありません。
炭水化物を増やすのは良いですが、おにぎりにして小分けにしておくなど工夫をして、一定量を少しずつ分けて食べるなどの対応をしましょう。
野菜の具だくさんのサンドイッチを作りおきしておくのも良いですね。
食べる時には一口を少なくして、何度も噛んで食べること。
これだけでもカロリーを減らす食事につながります。

ページトップへ