? 産後ダイエットの食事とは?|産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法   

産後ダイエットはいつから?|産後の体系戻しのやり方・方法

産後ダイエットの食事とは?

産後ダイエットで失敗してしまう人の多くは、どうしても理想的な食事から程遠くなってしまうというのが原因の場合が多いです。
赤ちゃんのお世話で忙しくて、ダイエットメニューなんか考えていられないという人も多いですし、妊娠中の食生活が身に染み付いてしまって、どうしてもたくさん食べないといられないという人もいます。
ストレスで甘いモノを大量に食べたいという人や、お菓子がやめられないという人、日常生活にはたくさんのワナがあるので、なかなか意志を保つのは難しいですよね。
そんな産後ダイエットの食事を考えてみましょう。

食事量と回数に工夫を

管理が必要なのは、1日に必要な食事量です。
そこが増えてしまってはどうしようも出来ませんので、まずは量をしっかり決めましょう。
その上で、食事を一気にドカ食いするのではなく、こまめに小分けに出来るように工夫して、食事の回数を増やすという手法があります。
これは空腹時間を作らないという方法で、胃腸にも負担が軽くなり、食べたいという欲求も抑えられます。
忙しくて一気に食べてしまうという人は、小ぶりのおにぎりを作りおきしておいて、いつでも片手で食べられるようにしておくとかなり総カロリー値を下げることが可能です。

お菓子は目に入れない

見てしまうと手が出て、食べてしまうと次にまた手が出るというのがお菓子の魔力です。
これを防ぐには、まず見えない状態にするのが一番。
なければないで我慢出来ますが、あるのに我慢するのはかなりなストレスです。
お菓子はこころを鬼にして買わない!が正解です。

鉄分補給と食物繊維補給

産後の身体は鉄分不足になりますので、ホウレンソウや小松菜などの葉物野菜を食べたり、プルーンを食べたりすると良いでしょう。
これらは食物繊維も豊富なので、同時に便秘予防にもなります。
よく食材をたくさん買い置きしておくか、自分で用意するなら一気に大量の豆乳鍋などを作って、何日も摂取出来るようにしておくととても便利です。

ページトップへ